Top > 咽頭結膜熱 > 咽頭結膜熱の流行状況

咽頭結膜熱の流行状況

 このページの情報は各地方感染症情報センターの公開情報に基づいて掲載しています。
 過去にプールを介して感染が広がったことがあることから、「プール熱」とも呼ばれ、アデノウイルスによる感染によって引き起こされる感染症です。例年、5月から7月にかけて流行が見られますが、最近では、秋から冬にかけても小さな流行が見られます。群馬県ではやや高い値で推移しています。
 39度前後の発熱、咽頭炎、結膜炎が主な症状で、1週間程度でおさまります。治療はそれぞれの症状に対する対症療法が中心です。結膜炎が強い場合は眼科での治療が必要になります。

2021年40週(10月4日~10月10日)現在

 

情報誌・パンフレット・週報